スクロール

3DCAD/BIMファイルのAR/MRみえる化ソリューションmixpace

  • デザインレビュー
  • 施工検証・施工支援
  • プレゼンテーション

SB C&S株式会社が、株式会社ホロラボと共同で開発した「mixpace」は 3DCADやBIMデータのAR/MR化に必要な変換・管理・表示機能をワンストップで提供が可能な3D見える化ソリューションです。
専用のHoloLensアプリ、iPadアプリを使って変換した3Dモデルデータとモデルの情報をAR/MR表示させることで、 レビュー、検証、デモなどの用途で活用できます。
お客様の3Dデータを専用サイトにアップロードするだけで簡単にAR/MR用3Dデータに変換できます。

  • mixpace概要動画

  • 新機能「位置指定ARマーカー機能」紹介動画

クラウド上でスピーディーにデータ変換mixpaceの仕組み

クラウド上でスピーディーにデータ変換 mixpaceの仕組み

「mixpace」に、3D CADデータやBIMデータをアップロードすると、AR/MR向けにデータを自動変換します。データ変換の工数や手間をかけずに簡単にAR/MR活用が可能になります。クラウドストレージに複数種類のデータを保管しておき、必要なデータをダウンロードできますので、営業先などの遠隔ロケーションでも最小限の機材でいつでもAR/MRビューイング体験が可能です。

CAD/BIMとAR/MRの両方のスキル習得が不要mixpaceの特長

  • 多くのCAD/BIMデータ形式に対応
    多くのCAD/BIMデータ形式に対応

    Autodesk Revitの「.rvt」など14種もの形式の変換に対応しています。

  • 直観的に操作できる専用アプリを用意
    直観的に操作できる専用アプリを用意

    HoloLens 2とiPadに対応し様々なシーンに活用できます。

  • AR導入を支援するノウハウを公開
    AR導入を支援するノウハウを公開

    動画やブログなどで便利な使い方やノウハウなどを紹介。
    詳しくはこちら

生産性向上やトレーニングなど建設業での
AR/MR活用シーン

  • 施工管理/BIMデータを現場で重畳
  • 施工管理/BIMデータを現場で重畳

    3DデータをAR/MRそれぞれに適した形式に自動でデータ変換します。
    設計BIMデータをARデバイスに取り込んで、実際の施工現場にて設計変更の有無を確認することができます。変更があった箇所を一目で直感的に確認できます。

  • 設計レビュー/プレゼンテーション
  • 設計レビュー/プレゼンテーション

    3D設計データを平均数分で自動変換できます。
    立体的なARモデルをクイックに表示して専用アプリによって直観的に操作可能です。
    PCと画面共有して複数人での確認作業を行えます。

mixpaceを活用した導入事例

  • 三建設備工業株式会社様

    細胞培養加工施設仕様のクリーンルームの設計施工に
    mixpaceを活用

テックプロジェクトサービス株式会社様

バッチ連続生産方式モジュール型医薬品製造設備「iFactory®」
~組み合せイメージをMRで再現することで理解度のアップに貢献~

高薬理活性物質用 移動式集じん装置「ポータブルHTシステム®」
~モジュラーデザイン、コンパクトな設計、操作性の確認 設計・開発業務にMRを活用し、早期に検討項目を顕在化~

詳しくはこちらから
「iFactory®」の事例
「ポータブルHTシステム®」の事例

mixpace 
サービスプラン

基本メニュー

サービス名 mixpace
standard
ユーザー数 10
ユーザー
15
ユーザー
20
ユーザー
価格 1,164,000
/年
1,344,000
/年
1,524,000
/年
対応
ファイル
.3ds、.max、.f3d、.ifc、.iges/igs、.stpe/stp、.CATpart(CATIA V4/V5)、.jt、.fbx、.obj、.dxf、.dwg、.vue
仕様

・年間契約サブクリプション
(別途「4か月プラン」あり)

・3段階のユーザー権限(アップロード権限など)

・変換回数は100回/月まで
※変換回数追加オプションあり

・変換1ファイルあたりの推奨上限サイズ100MB





変換回数 50 100 500
価格 40,000 76,000 304,000

※購入した変換回数は同契約期間中毎月繰越しされ、契約更新時にリセットされます。
例) 契約期間 2020/12/20~2021/12/30
契約終了日2021/12/30時点で購入した変換回数が30回残っている状態で、2022/1/1や任意の日付で更新しても購入した変換回数は一度リセットされ、更新後に繰り越すことはできません。

ユーザー
追加
3,000円/月
1ユーザーあたり

※残契約期間に対しての追加

※特定月など単月追加不可
例) 契約期間 2020/12/20~2021/12/30 2021/5/1よりユーザーを追加する場合契約期間が8か月残っているため、1ユーザーにつき3,000(円)×8(月)=24,000(円)

基本メニュー

サービス名 mixpace
standard + R

Revit対応

ユーザー数 10
ユーザー
15
ユーザー
20
ユーザー
価格 1,380,000
/年
1,560,000
/年
1,740,000
/年
対応
ファイル
.3ds、.max、.f3d、.ifc、.iges/igs、.stpe/stp、.CATpart(CATIA V4/V5)、.jt、.fbx、.obj、.dxf、.dwg、.vue、.rvt
仕様

・年間契約サブクリプション
(別途「4か月プラン」あり)

・3段階のユーザー権限(アップロード権限など)

・変換回数は100回/月まで
※変換回数追加オプションあり

・変換1ファイルあたりの推奨上限サイズ100MB





変換回数 50 100 500
価格 60,000 100,000 400,000

※購入した変換回数は同契約期間中毎月繰越しされ、契約更新時にリセットされます。
例) 契約期間 2020/12/20~2021/12/30
契約終了日2021/12/30時点で購入した変換回数が30回残っている状態で、2022/1/1や任意の日付で更新しても購入した変換回数は一度リセットされ、更新後に繰り越すことはできません。

ユーザー
追加
3,000円/月
1ユーザーあたり

※残契約期間に対しての追加

※特定月など単月追加不可
例) 契約期間 2020/12/20~2021/12/30 2021/5/1よりユーザーを追加する場合契約期間が8か月残っているため、1ユーザーにつき3,000(円)×8(月)=24,000(円)

検証・短期ユーザー向け

サービス名 mixpace
trial

Revit対応

初回ユーザー限定
ユーザー数 1
ユーザー
価格 92,000
/60日
対応
ファイル
mixpace standard + Rと同等
仕様

・1ユーザーまで登録可能
※ユーザー追加不可

・変換回数は50回/月まで
※変換回数の追加不可

・変換1ファイルあたりの推奨上限サイズ100MB





変換回数

※mixpace trialにオプションを追加することはできません。

価格
ユーザー
追加

※記載の価格はすべて税抜き価格となります。

動作環境

mixpace ユーザー専用Webページ

オペレーションシステム
Windows Windows 10
Mac 10.14 (Mojave)以降
Webブラウザ
Windows Microsoft Edge (最新)
Google Chrome (最新)
Mac Safari (最新)
Microsoft Edge (最新)
Google Chrome (最新)

mixpace HoloLensアプリ

デバイス オペレーションシステム
HoloLens 2 最新のWindows 10 OS
※HoloLens1は対応終了

mixpace iPadアプリ

デバイス オペレーションシステム
iPad Pro 12.9インチ(第1~第5世代)
iPad Pro 11インチ(第1~第3世代)
iPad Pro 10.5インチ
iPad Pro 9.7インチ
iPad Air(第3世代)
iPad mini(第5世代)
iPad(第5世代以降)
*ただし機種によって表示性能に差が生じます。
iOS12以降

よくある質問

「mixpace standard」と「mixpace standard + R」の違いは何ですか?
「mixpace standard + R」は「mixpace standard」の対応ファイルに加え、「.rvt」に対応します。
月割り料金はありますか?
「mixpace standard」と「mixpace standard + R」は年契約のため月割り料金の設定はありません。「mixpace trial」は初回申込ユーザーを対象にした60日間利用可能なプランです。
「mixpace trial」を利用終了後、「mixpace trial」を延長することはできますか?
いいえ、延長いただけません。
「mixpace trial」の利用終了後、「mixpace standard」または「mixpace standard + R」に移行するにはどうしたらいいですか?
「mixpace standard」または「mixpace standard + R」の新規申込手続きが必要です。
「mixpace standard」または「mixpace standard + R」の2年目は自動更新ですか?
いいえ、自動更新ではありません。継続をご希望の場合は、あらためて更新利用申込が必要です。
2D CADからの変換には対応していますか?
現在対応しておりません。
HoloLens(第1世代)で利用できますか?
いいえ、HoloLens 2にのみ対応しています。
「mixpace Remote Rendering」はiPadでも使えますか?
現在はHoloLens 2のみ対応しています。

関連情報 mixpaceに関連するプレスリリースや事例記事などをご紹介。 2018年2月にAR CAD Cloudはmixpaceに製品名称を変更いたしました。

HoloLens 2単体では難しかった最大1億ポリコン級の
3DCAD/BIMデータの変換から表示までをワンストップで
mixpace Remote Rendering

  • スマートシティ
  • デジタルツイン
  • シミュレーション
  • mixpace Remote Renderingの特長
  • mixpace Remote Renderingの特長
    • mixpaceの変換機能との組み合わせで3DCAD/BIMファイルをワンストップで
      Azure Remote Renderingの利用が可能
    • HoloLens 2単体では難しかった100万~1億ポリゴンクラスの3Dモデルの表示が可能
    • 通常版mixpaceの約10倍のファイルサイズ(1GB程度)のデータも変換・表示が可能
システム構成
紹介動画
サービスプラン

mixpace Remote Renderingは、通常版「mixpace standard」または「mixpace standard + R」をご契約いただき、オプションとしてチケットを購入いただくことでご利用可能になります。
料金詳細についてはお手数ですがお問合せフォームまたは担当営業へご連絡ください。

建設業の皆さまの新規事業推進を支援するSB C&Sの
AR/MRソリューション

  • 多様なICTソリューションをご提案
  • 多様なICTソリューションをご提案

    SB C&Sは、AR/MRデバイスを始めとするハードウエア、Microsoft、Autodesk、Unityソフトウエアなど40万点を超えるIT商材のご提案が可能です。
    中でもAR/MRデータの活用には欠かせないソフトウエア、Unityは国内唯一の認定代理店となり、Unityをクラウド上でのサービス提供が可能な特別な契約を保持しております。
    多数のAR/MR導入実績・ノウハウを有した専任担当が、AR/MRの導入・活用に関するお問い合わせ、ご相談にお応えします。

mixpaceの資料ダウンロード、
お問い合わせはこちら

※Windows、Microsoft、Windows10、Edge、HoloLens、HoloLens 2は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※Apple、Mac、iPad、Safariの名称およびそのロゴは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※Google、Google Chromeは、Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

ページトップへ戻る

導入事例:2021/04/01

三建設備工業株式会社様

細胞培養加工施設仕様のクリーンルームの設計施工にmixpaceを活用。

三建設備工業株式会社様では、細胞培養加工施設仕様のクリーンルーム設計施工にmixpaceをご利用いただきました。その活用の目的や効果について担当された技術統括本部 開発グループ・ライフサイエンスチームリーダーの高畑 英一様にお話しを伺いました。

企画・設計段階におけるmixpaceの活用

施設を建設するにあたって、顧客にとって企画・設計段階の平面図面は、実際に使用するイメージがつきにくいものですが、mixpaceをコミュニケーションツールとして利用することにより、直感的にイメージがつき、顧客との合意形成は格段に向上すると感じました。什器やコンセントの位置など、室内のイメージを顧客と共有することにより、建設段階における変更を予防し、手戻りの防止、工期短縮、コスト削減などにつながります。その結果、顧客と施工者の双方が満足でき、大きなメリットを生むことが期待できます。
細胞培養加工施設のクリーンルームモデルの設計レビューにmixpaceを使用したところ、パソコンやプロジェクター画面ではできない直感的な操作で自分が移動して見たい方向から確認でき、パソコン画面など平面のCGでは把握することができなかった新しい情報が増えて、画期的なレビューが可能となりました。

施工の安全計画にAR/MRを活用

施工計画では、資器材の配置や建設機械の動線、安全計画など、工事の支障となるトラブルシューティングでの利用ができ、施工時には、施工図と現場との違いをいち早く認識することや作業進捗の管理にも利用できました。

mixpaceでBIM活用を一歩先へ

かなりの精度で実物大のモデルを現地で重ね合わせて確認することができ、画質も機器・器具の配置やダクトルート及び進捗の確認には支障はありませんでした。今後、BIM活用があたり前になると、施工の生産性向上が求められる建設業界ではXR技術は欠かせない技術の一つになると考えています。

  • MRでみた細胞培養加工室モデル
    (設計レビュー) 
    提供:三建設備工業
  • MRでみた細胞培養加工室モデル
    (ダクト施工) 
    提供:三建設備工業
  • MRでみた細胞培養加工室モデル(壁パネル施工) 
    提供:三建設備工業

※本記事に掲載されている会社名/製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本記事に掲載されている情報は公開日時点のものとなり、最新の情報と異なる場合があります。
※本記事の全部または一部を当方の許可なく複製、転用することを固く禁じます。